人気ブログランキング |

ロシアのサッカーの最新事情を中心に紹介しています


by norik28
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 54 )   > この月の画像一覧

Черчесов: мы играли лучше
b0017057_1293699.jpg

スパルタクのチェルチェソフ監督
「モスクワでもグラスゴーでもスパルタクは優勢であったと思う。マルティン・シュトランツルの退場がなければロスタイムで我々の方がゴールを決めるチャンスがあっただろう。私は(セルティックのチャンピオンズリーグ本戦について)予想はしない。本大会出場おめでとうと言うだけだ。どのような結果になるかは、見てみようじゃないか」

セルティックのストラカン監督
「私の監督の経歴の中で思い出深い試合は少なからずあった。しかし、今夜の試合はずっと記憶に残るだろう。サポーターはゴール、決定機、ペナルティなどすべてを目撃した試合には、みな心から満足しているだろう。正直言って最後のPK戦が終わるまですごく不安だった。でも、アルトゥール・ボルツは素晴らしいの一言だ。悲しい結末を迎えないために全力を出してくれた。監督としてPKでいつ勝ったかは覚えていないか、前にあったように思う。

セルティックのディフェンダー、ガリー・コールドウェル選手
「我々は本当のドラマを見た。アルトゥール(ボルツ)は間違いなく世界最高のゴールキーパーだ。確実にゴールになるところを何度となく救ってくれた。 緊張は限界に達し、大きなプレッシャーを感じたが、私はPKで蹴る責任を引き受けた。6万人のサポーターの応援で絶対に負けたくないと思った。」

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-31 11:36 | 国外タイトル
Черчесов: о пищевом отравлении команда позабыла
b0017057_18345442.jpg

スパルタクのチェルチェソフ監督はセルティック戦を前にイギリスの記者のインタビューに答えた。

-セルティックが経験したことのないルージニキの人工芝で試合が行われるため、あなたのチームは一歩優位だと試合前、大方が予想していました。

セルティックはルージニキで2度練習した。だから人工芝で一度もプレイしたことがないとは言えない。我々だって。アウェイでは自然芝でプレイするのだ。我々も慣れなければならない。だから、全体的に見たら大体同じ状況にあると思う。

-ルージニキではスパルタクがセルティックを圧倒していたとあなたは言っていました。

それは明らかだったと思うよ。我々は実際にいいプレイをし、はるかに多く決定機をつくった。もし、あの試合をもう一度するように言われたら、先発陣も戦術も変えないだろう。でも、当の試合結果は全く別になるだろう。モスクワではスパルタクはセルティックよりはるかに強く見えたよ。

-あなたは敵チームの中で誰に注目していますか?

なによりもまず、チーム全体の戦闘的な意志に驚く。もしセルティックの選手の中から選ぶとしたら、もちろん昨シーズンのスコットランドの最優秀選手となった中村だろう。でも、セルティックはまずとても仲のいい集団だ。どの選手もチームに貢献するものをもっている。

-あなたはゴードン・ストラカンと対戦したことはありますか?

ストラカンは素晴らしいサッカー選手だったよ。また、監督として成功した。ピッチでは芸術的な技術を持った選手だった。まさにそういったわけで世界中で彼は有名だ。ある時、彼と対戦したことがある。でもその時のストラカンははるかに若くて今よりも弱かった。(笑い)

-国内のリーグ戦でスパルタクがルビーンに敗北した原因は正体不明の病気だという情報が我々の所に届いています。それはセルティックでもアウェイ戦の結果に影響するでしょうか?

それが大変深刻なものだったとは言わない。おそらくある程度の食中毒を起こす場所があったのだろう。でも、もう閉鎖されたし、チャンピオンズリーグに向けて体勢は整えたよ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-29 02:36 | 国外タイトル
Кобенко: ничья в Краснодаре – приличный результат
b0017057_16282983.jpg

ロシア・プレミアリーグ第22節
クバン対アムカル 1:1
ゴール:クシェフ(24分)、キリレンコ(50分)


アムカルのミッドフィルダー、アンドレイ・コベンコはクバンに対してアシストを決めるなど、なかなかのプレイを見せた。試合後にクバン育ちでいまアムカル・ペルミに所属するコベンコは、試合内容や記者の質問に答えた。

-アンドレイ、前の試合の印象はどうですか?

勝たなければいけない試合だったから結果は満足いかないね。でも後半、失点を許したのは自分たちのせいだ。審判の判定はあまり納得いかなかった。前半に議論の余地のある場面があった。私はキックをする位置にいた。カレーシンは少しも下がらなかった。反則だ。みんな見ていたのにペナルティは取らなかった。後半、ペナルティーエリアでクバンはアフメトジャノヴァとの交代で選手を出した。だけど審判はまた気付かなかった。

-フリーキックからのゴールは培ったコンビネーションの結果でしょうか?

我々は練習場で特に言わなくてもこうした状況についてはお互いに注意を払っている。この場面ではクバンのディフェンダーは間違ったポジショニングをしていたと思う。私はパスが出せる範囲を見て、クシェフへ正確なボールを送った。この場面をマルティン(クシェフ)は活かした。

-アムカルはクラスノダールへ勝ちに行ったのですか?

そうだよ。我々はいつも勝利のために戦っている。基本的に、引き分けは最悪ではない。クラスノダール(クバン)から勝ち点1を取ったことは十分いい結果だ。クバンは今日、予想されたプレイはしてこなかったのだが。

-あなたのチームは何か決まった目標の順位がありますか?

首脳陣が10位以内を目標に立てている。もし8位以内に入れば、ボーナスがいくらかもらえる。いま、我々の試合は、すべて滑らかにいっている。我がチームはいいシーズンを過ごしていると思う。これまで以上にジャンプアップし、高い順位を占めるだけの力がある。

-あなたはルビーンと契約を交わしました。新しいシーズンからはカザンのクラブ(ルビーン)でプレイすることになります。このことが関係して何か難しくなりますか?

逆だよ。私はいまとても自信を持っているし、快適に感じている。シーズン最後まで私はアムカルの選手だし、手抜きをすることなくプレイしようと思っている。次節には我々はルビーンを迎え撃つことになるが、全力で立ち向かう準備は出来ている。ゴールを決められるなら、シュートはするし、ラストパスが上手くいくようならパスを出す。

-では、もしオウンゴールをしたら?

もしオウンゴールをしたら、その時は冗談では済まされないだろうな(笑い)。首脳陣を前に説明することになるだろう。でも、こんなのは全部冗談さ。もし真面目に話すなら、繰り返しになるけど、シーズンの最後まで私はアムカルの選手だしチームに全力を尽くす。

-アンドレイ、あなたはクバン出身です。クラスノダールでの試合はあなたにとって特別なものでしたか?

無いと思う。そこは私にとって故郷だ。そこでは私のことは知られている。前半、サポーターは私のことをそれほど歓迎していなかったけれども、私は気にはしなかった。どこで、誰と戦うかにかかわらず、スポーツ、とりわけサッカーは誠実に遂行されなければならない。

-プレミアリーグに生き残る戦いの中でクバンの展望はどうですか?

抜け出すことでさえとても難しいだろう。クラスノダールは真剣に勝ち点を重ねなければならない。

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-29 01:00 | 露プレミアリーグ
Аршавин: проверку на прочность "Зенит" пройдёт в сентябре
ロシア・プレミアリーグ第22節

ゼニート対クリリャ・ソヴィエトフ 3:1


ゼニートはクリリャ・ソヴィエトフに勝利し、スパルタクが敗北したため、勝ち点の差は2に縮まった。ゼニートのミッドフィルダー、アンドレイ・アルシャーヴィンはインタビューに答えた。
b0017057_16302211.jpg

「我々はボールを良くコントロールし、コンビネーションもうまくいった。ゴールを許した時でさえも、こうしたサッカーをし続けた。コンビネーションがきちんと機能するようになってから同点にすることが出来た。結果として勝利まで収めることが出来た。クリリャははじめは我々よりもアグレッシブだった。しかし、我々が敵を前に引いていたわけではないと思う。得点を決められた場面だけは敵が個人的な技術を披露した。クリリャにはよい選手達が集まっていて2ヶ月前には4位だったことを忘れてはならない。今、彼らが強固に見えないことは別の話だ。彼らは言ってみればバラバラなプレイをしている状態だ。ピッチではタイトになることが無く他のチームが使える空間がある。我々のリーグ戦についての展望を正直に話すと、しばらくの間、我々は強大なライバルチームには勝てなかった。信頼できる形はルビーンやCSKAと当たる9月に出るだろう。」

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-28 01:31 | 露プレミアリーグ
Станислав ЧЕРЧЕСОВ, главный тренер ФК "Спартак":

ロシア・プレミアリーグ第22節
ルビーン対スパルタク・モスクワ 3:1
ゴール:パウノヴィチ(20分) ウェリントン(37分) ノボア(49分) カブゼ(63分)


スパルタク・モスクワのスタニスラフ・チェルチェソフ監督

今日は望むような試合が出来なかった。ルビーンは勝ちを強く望んでいた。我々もまた望んでいた。でも思ったような展開にならない試合もある。とりわけ、ルビーンはとても強いチームでホームではとてもいい試合をする。今日、それを再び証明した。私は彼らにおめでとうと言いたい。

-スパルタクのサポーターが前節に掲げたバナーについてですが、最初の部分に「チーホノフは永遠だ」と書かれていました。今日、ウェリントンはゴールを決めました。彼もまたスパルタクの歴史に名前を残しました。

ところで私は昨日の時点でウェリントンは今日ゴールを決めると言っていた。あなたの質問は何でしたっけ?

-ウェリントンはゴールを決めたのでスパルタクでやっていく資格があるとお思いになりますか?

1つのゴールで、2~3の試合で証明することにはならない。何シーズンもかかって証明しなければならない。なぜか? チーホノフは1ゴールで記憶されているのではない。スパルタクへの姿勢で覚えられているのである。チーホノフが決めたゴール、チーホノフが活躍した試合、スパルタクへの姿勢。ウェリントンは今、プレイで証明したし、彼を獲得したことを無駄ではなかったと思っている。しかし、真のスパルタクの一員になるため、ウェリントンは自分の能力をもっと見せなければならない。

-カブゼやパウノヴィチのプレイは予想外ではなかったですか?

大概、我々は彼らがどんなプレイをしてくるかは知っていた。試合前に我々はある程度の技術をカブゼが披露するだろうことは知っていた。

-今日は雨でした。かつて雨が降るとスパルタクの雨だと言われていました。今はそんなことではないのですか?

そんなことはない。なぜ? スパルタクのサポーターが見慣れたサッカーを我々は見せたと私は思っている。でも、もう一度言うが、思ったようなサッカーが出来ないということはある。我々はやれるだけのことはやった。だが、ルビーンは能力のあるチームだ。自分に来たチャンスを逃さなかった。

-今日、スパルタクはルビーンの守備を突破できませんでした。グラスゴーでのアウェイでの試合を前にどのような問題を早急に解決しようと思っていますか?

問題はない。分析しなければいけない試合がある。みな元気で健康だ。負傷者もない。問題はない。冷静に分析し、過ちを調べなければならない。グラスゴーではまったく違う試合になるだろう。我々は自分の能力に見合った結果が出ることを期待している。問題は過去にあったし、これからあるだろう。だが、悲観することはないと思う。

-今日はクルバン・ベルドゥイエフの55歳の誕生日です。彼にネクタイを贈ったのは偶然ですか?

私が誰かに運を運んだとでも? 私は同僚に誕生日をお祝いしたい。彼とはかつて選手として戦ってきたし、彼は監督としての能力を発揮している。彼はサッカー界で尊敬すべき人物だ。彼には長生きしてもらって、末永く働いて欲しいと願っている。

-かつてスタロスチンはタタール人のいないスパルタクはスパルタクではない、と言いました。あなたはサビトフの他誰かを集めますか?

ドイツ人が言うように「見てみようじゃないか」。あなたは誰かの首を切って誰かを飛ばすのを見たいのか?

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-27 02:30 | 露プレミアリーグ

ルビーン監督会見

"Рубин" - "Спартак". Послематчевая пресс-конференция
b0017057_12415840.jpg

ロシア・プレミアリーグ第22節
ルビーン対スパルタク・モスクワ 3:1
ゴール:パウノヴィチ(20分) ウェリントン(37分) ノボア(49分) カブゼ(63分)


FCルビーンのクブラン・ベルドゥイエフ監督

ありがとう。今日、私へのサポーターへのこれ以上のプレゼントはないと思う。私は選手達がサポーターに喜びをもたらしたこと、また、自己犠牲を払ってくれたことに感謝する。最近、最後は10人でプレイするという良くない伝統が続いていた。でも、アッラーのおかげですべてうまくいった。

-最近の一連の獲得について、どう評価しますか?

カブゼとトマスはいい選手達だ。ギオルギウは今日すぐに使うリスクは負わなかった。でも、彼の獲得も悪くないと思う。もしかするともう一人獲得するかもしれない。

-ノボアのプレイについてはどうでしょうか。期待するレベルだと言っていいでしょうか?

いいや、そこはまだまだ多くの問題がある。

-誕生祝いをしますか? あなたの・・・

いいえ。誕生祝いはしない。55歳、54歳、56歳に違いは見えない。

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-27 00:22 | 露プレミアリーグ
ロシア・プレミアリーグ(2007)順位表

  チーム        試合 勝点
1 スパルタク・モスクワ 22 42
2 ゼニート 22 40
3 モスクワ 22 36
4 CSKA 22 34
5 ディナモ 22 33
6 アムカル 22 31
7 サトゥルン 22 31
8 ロコモティフ 22 30
9 ルビーン 21 28
10 スパルタク・ナリチク 21 26
11 ヒムキ 22 25
12 クバン 22 25
13 トミ 22 24
14 クリリャ・ソヴィエトフ 22 23
15 ルーチ・エネルギヤ 22 21
16 ロストフ 22 14

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-27 00:00 | 露プレミアリーグ
Игонин: как планировали, так и играли
b0017057_21552539.jpg

ロシア・プレミアリーグ第22節
ロコモティフ対サトゥルン 0:2
ゴール:キリチェンコ(23分、PK)、ロシコフ(32分、PK)


試合後、モスクワ郊外ラメンスコエのチーム「サトゥルン」のキャプテン、アレクセイ・イゴニンが天候、滑りやすいピッチ、今後の展望について語ってくれた。

-アレクセイ、試合後は気分はいいんじゃないですか?

もちろん、そうだ。試合はじめ、我々は流れをつかめなかった。単に試合をしているだけだった。だけど、後になるとおおむね計画通りの試合運びができるようになった。

-今シーズン、このような良い状態の試合はありましたか? 2ゴールともPKです。

勝つ試合にはどれも何しかしらの運が必要だ。どの試合にも決定機がないことはありえない。

-後半、あなたはゴールの近くにいましたね。前半、2対0になった時も。そのようなことは前にはありませんでした。何かあったのですか?

我々に結果が伴ったのさ。カウンターアタックがうまくいっていたというべきだね。でもいつも決まるとは限らない。そのうちのひとつでうまくゴールが決まるなら、試合の結果ははっきりする、といったプレイをするようにしていたんだ。

-ガジエフからはハーフタイムにどのような指示があったんですか?

守備ではもっと厳しくプレイするようにとね。私は少し深く後退せざるを得なかった。彼らのほうではフォワードの相互の動きがうまくいっていたから。

-あなたたちは後半、出口のところに長くいました。ロコモティフはあなた方に待たされました。指示はとても長かったのですか?

うん、我々は配置を変えた。前半の分析に少し時間がかかったんだ。

-チームはエフセエフとロシコフのために戦ったのですか?

そんな話がなかったとは言えないな。これらの選手たちは頭の中にロコモティフとの試合だというのはあったかもね。でも今日は我々はラメンスコエのために戦ったんだ。我々はこれらの選手たちのために戦ったとは言えない。

-ではなぜ最初のPKはキリチェンコで2回目はロシコフだったんですか?

彼らの中でどうするか決めていたんだ。

-あなたの見方ではロコモティフは試合をどのような計算違いをしていたと思いますか?

ロコモティフははじめの時間帯での決定機に決められなかった。

-一方、サトゥルンの攻撃では力を出せましたか? というのもゴールは2つともPKからです。

攻撃は今はとてもいいよ。我々は1フォワード。時々2人。だけどフォワードの選手は守備で大いに助けてくれるよ。人数を考えに入れると、うちの選手は私にはとてもよく見えるよ。

-後半、サトゥルンは前方にロングボールを放り込む攻撃に頼ってたのですか?

そうだね。背後にボールを放り込むとロコモティフは中央の陣地に特に問題があった。だからボールを前方に放り込む最も他純な方法をとった。

-後半、ロコモティフの選手は後方からシュートを打つ機会が多かったですが、ペナルティエリアに侵入させないようにアクセントをつけていたのですか?

そうだ。我々はディフェンスは深く位置するように心掛けた。もっとも危険なのはロコモティフがペナルティエリアに持ち前のスピードで個人突破をしかけてくることだったからだ。我々はこれらの陣地を覆いつくした。だからロコモティフは後方からシュートを打つしかなかったんだ。

-アレクセイ、サトゥルンの選手たちは最初の時間帯に何人も転んでいましたね。中にはスパイクを取り替えた選手さえいましたね?

そうだね。スパイクに問題はあった。問題がないタイミングでウォーミングアップに出た。その後、ロッカールームに行った。ピッチに雨が降っていた。芝がやわらかく滑りやすいとは選手は思わなかった。

-つい最近までサトゥルンは生き残りのために戦わなければならないと言われていました。でも、今は連続でうまくいっているので3位以内も狙えると考えていますか?

このことにコメントするのは早いと思っている。我々はこのことを一度も考えていない。いま、我々はディフェンスや試合展開にある問題があり、解決しようとしているところだ。

-最近、良い結果が出ているのは何が変わったのですか?

試合に対する姿勢が変わったと思う。いま、上手くいっている時は違う気分で試合に出れるものだ。だからこのところ、気分良くすごしている。選手たちは最高の状態で試合に臨んでいる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-26 21:56 | 露プレミアリーグ
Билялетдинов: у "Локомотива" нет стабильной игры
b0017057_14501944.jpg

ロシア・プレミアリーグ第22節
ロコモティフ対サトゥルン 0:2
ゴール:キリチェンコ(23分、PK)、ロシコフ(32分、PK)


ロコモティフのミッドフィルダー、ディニヤル・ビリャレトディノフは試合後のミックスゾーンで取材に応じた。ビルは感情的で、状況が彼にとって気に食わないことを隠さなかった。試合中も感情的で審判のティモフェエフからイエローカードをもらった。

-ディニヤル、今日の試合について話してくれませんか?

(手で振り払って)何を話すというんだい。2つのPK、以上。

-あなたから見て(PKは)妥当でしたか?

この場面についてコメントはしない。委員会の判断に任せればいい。

-チームは3人のフォワードでしたが攻撃はうまくいきませんでした。

私の考えではどのフォワードもうまくいかなかった。最初に何かがおきた。それで全部

-ロコモティフは今日全力を出せましたか?

ノー

-なぜですか?

知らないよ。チェックしよう。

-試合後、ロッカールームではチェックしなかったのですか?

なぜ、いまチェックしなければいけないんだ? どっちにしたって状況は変わらないじゃないか。1日休んですべてを入念に調べ上げて脳みそを絞って考えて、その後で何かしらの結論を出せばいい。

-アスティアニとイヴァノヴィチが衝突したような状況は今日はなかったですか?

ないよ。もういい加減にしてくれ! なんでそんなことが俺たちに必要なんだ?

-ロコモティフが全力でプレイしなかったことは何か監督の人となりが関係あるのですか?

今日は全力を出せなかった。でもそれがどう監督と関係あるんだ?

-2連勝で今日敗北…。

(さえぎって)連続して勝てないというのは賛成だ。安定したプレイを一定してできないんだ。

-今日の結果、3位以内の目標は消えたのではないでしょうか?

(感情的に)だからなんだというんだ? どの試合も勝たなくてはならないし、今回の試合もそれが課題だった。でも今日はうまくいかなかった。

-もしかすると、あなたとシチョフは代表の試合の後で疲労がたまっていたのではないですか?

我々2人で今日、ピッチで試合をしたというのかい? いいや、試合は大勢でするものだから代表がどうのこうは関係ない。

-チームのフィジカルの調子はどうでしたか?

ふつうだったよ

-同じチームメイトだったロシコフやエフセエフと戦った感想は?

(憤って)どんな感情だったらいいんだい? 彼を打ち殺したり、足を怪我させたりとでも? なんのために?

-エフセエフが試合で感情的になりすぎていたとは感じませんでしたか?

まるで分かってるような言い方だね。なぜだい?

-ユニフォームの交換はしましたか?

しなかったよ

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-26 15:01 | 露プレミアリーグ
Хиддинк: не хватает защитников уровня сборной
b0017057_11385597.jpg

親善試合:ロシア対ポーランド 2:2

 試合後の会見は監督は別々にするのが普通だが、オランダ人で親友の2人は共同で会見に臨んだ。

ポーランドのレオ・ベーンハッカー監督

「前半優勢を占めたのはロシアだが、後半我々は状況を改善することができた。ハーフタイムで選手に言った。「悪い学校でプレイをしている。攻撃が足りない、動きが足りない。ロシアはシーズンの最中なのは私はもちろん知っていた。我々の選手たちはそれをはじめただけだ。我々は正しい集団を作り上げることができた。後半は我々の指示のとおりに動いた。2つのすばらしいゴールを決め、3ゴール目をも可能だった。ポストに当たった後、ゴールラインを超えなかったというのは信じられない。これはたいした問題ではないけども。試合にはあまり満足していないが重要なのはフィンランドやポルトガルとの試合の前、我々が持つ一定の問題に対する答えを得た。」

b0017057_10123329.jpg

ロシアのフース・ヒディンク監督

「レオの言ったことに付け加えるが、反対に私はハーフタイムまでやってきたことには満足している。後半のプレイには不安を覚える。前半見事なサッカーを展開した。ポーランドはまだ目を覚ましていなかったし、我々はすばらしいプレイをした。ポーランドと試合ができたことはうれしい。前半が終わり、リードされていた強いチームの反撃を受けることができたのはうれしい。前半はロシアはすばらしかったが、後半には戦術的な規律とフィジカルの準備が整っていなければいけなかったことが明らかになった。

サッカーは60分でするものではなく、90分でするものだとロシアの選手に言いたい。これが大きな問題だということがはっきりした。選手の中には最後までプレイする力がなかった者がいた。ホーム・アウェイ方式の試合の中では、こうしたことは許されない。でも、もう一度言うが私は満足だ。もし2対0で勝っていれば、悪い教訓にはならなかっただろう。我々にはしなければいけないことがあることが明らかだ。

代表にはゴールキーパーの候補は3人いる。ディフェンダーもキーパーも代表レベルとしては不足だということを指摘しておきたい。この試合で最も重要なのは2人のキーパーを試すことだった。ガブロフは自身の課題を修正できた。代表デビュー戦となったシュチンとは違って彼はもうそんなに若くはない。彼に対する偏見もない。ゴールを許したのは守備の編成での問題の結果だ。」
b0017057_10125964.jpg


ポーランドのレオ・ベーンハッカー監督

「コワレフスキはよくやった。でもレアルやマンチェスター・ユナイテッドの第2ゴールキーパーのドゥデクやクシチャクとは違う。コワレフスキはクラブでは先発リストに入っていない。ゴールキーパーが自分のクラブでの実戦がないというのは悲劇だよ。

なぜFCモスクワでマリウス・ヨップが試合に出ていないのか分からない。今日、彼をピッチに出したが、満足いくないようだった。彼は十分に準備していた。」
b0017057_10131730.jpg


ロシアのフース・ヒディンク監督

「ロシアにはすばらしいミッドフィルダーとフォワードがそろっている。だが、代表レベルのディフェンダーが致命的に少ない。一番レベルの高い選手を招集した。ディフェンダーが一人怪我をしてしまった。これは我々にとって非常事態だ。公式戦でも再び起きうる。我々は今このような状況でどう試合をするのかリハーサルをした。あまりうまくはいかなかったが、その代わり新しい選択肢を試した。

人間のオルガニズムは身体への負荷を簡単に克服できるようにはなっていない。特に暑い天候の時には。ピッチで水を摂取するのは大変有益だ。私自身、試合後には水を飲みいい気分だ。」

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-26 11:39 | 露プレミアリーグ