人気ブログランキング |

ロシアのサッカーの最新事情を中心に紹介しています


by norik28
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

9月14日に行われたファーストディビジョンのバルチカ(カリーニングラード)とチェルノモーレツとの試合が八百長試合だったとの疑惑でバルチカのゼネラル・ディレクターが辞任した。カリーニングラードの地元紙がバルチカは降格の危機にあり、チェルノモーレツを6万ドルで買収し、審判を600ドルするとの電話のやり取りを暴露。バルチカはチェルノモーレツとの試合後、2試合続けて負けたためセカンドディビジョンへの降格が決定している。
ロシア・サッカー協会のコロスコフ会長は疑惑が本当ならバルチカもチェルノモーレツも追放処分にするとの意向を表明した。
by norik28 | 2004-10-28 10:32 | ロシア・サッカー
b0017057_16273259.jpg

ミッドフィルダーのエゴール・チトフ選手(28歳)はスパルタク・モスクワと5年契約を結んだ。
by norik28 | 2004-10-27 16:27 | ロシア・サッカー
ディナモ・モスクワはサトゥルンに2対0で敗れ、ここのところ2連敗し、降格の危機に陥っている。昨シーズン末にフルビク氏が監督に就任したが、シーズンに入って泥沼にはまり、ボンダレンコ前監督が7月に就任したが、チームを立て直すことができず、解任の憂き目に遭った。ロマンツェフは奇態な振る舞いで2月にサトゥルンの監督を辞任。その前はスパルタク・モスクワの監督として15年間君臨、9度のタイトルを手にしてきた。
b0017057_1654778.jpg

by norik28 | 2004-10-27 16:01 | ロシア・サッカー
b0017057_1284473.jpg

ローラン・クルビス氏がアラニヤの監督を辞任することが明らかになった。かつて指揮をとったアジャクシオ(フランス・コルシカ)の監督に就任することも判明。すでに1ヶ月前からクルビス氏は病身の母親とともにフランスにいる。アラニヤは直近のシンニク戦で勝利したことで降格を免れたが、後任の監督はテデーエフ氏と目されているが、まだ決まっていない
by norik28 | 2004-10-27 12:14 | ロシア・サッカー
CSKA   27試合16勝7分4敗 48得点20失点  55勝点
ロコモティフ 27試合15勝7分5敗  38得点18失点  52勝点
ゼニト   27試合15勝5分7敗 45得点31失点  50勝点
by norik28 | 2004-10-26 16:04 | ロシア・サッカー

CSKA、ゼニトを破り首位

直接対決でCSKAがゼニトを3対0で破り首位に躍り出た
by norik28 | 2004-10-26 10:45 | ロシア・サッカー
コモティフとルービンの試合は0対0と予想外の結果に終わった。ロコモティフはルービンに一度も勝利を収めたことは無く、少なくとも来年までこのジンクスは残ることとなった。

ロコモティフはロシア・プレミアリーグで1日のみ天下をとることができたが、ゼニトとCSKAとの直接対決が行われる25日にはどちらかが首位に立つことになる。

ルービンは2年前にプレミアリーグに昇格、最初のシーズンでは3位の成績を収め、UEFA杯に出場した。次のシーズンでは順位は急落したが、強豪チームのロコモティフとの戦績はよい。24日の試合までに3度戦い、2引き分けと3対1での勝利だ。

今回もロコモティフはこの不愉快なジンクスを打ち破ることは出来ず、ホームで0対0の引き分けとなった。実際、あともう少しで試合に勝つところまでいっていた。

ルービンが大物食いするというのはもはや噂ではなく実証されているのだ。前節では首位を伺うペテルブルクのゼニトと引き分けた。もっともルービンの選手にとってはプレミアリーグに留まるためには不可欠なのだ。

これまでの試合で目的は見事に遂行できている

前半、ロコモティフは主導権を握り、ボールコントロールを相手にさせなかった。しかしながらゴールを脅かすこともキーパーのセルゲイ・コスコのファインプレーも見る機会はあまりなかった。どちらのチームも単に運が良かったのだろう。

しかしながら大事なことがある。今シーズン、強敵との戦いでは強襲をしのぎきるだけではなく、カウンターアタックもしかけ、オフチニコフのポストをもう少しで割るところまで脅かしたのも一度ではない。

後半、敵のフォワードはさらにすさまじい猛攻をしかけたが、サッカーの神様はフィールド上に降りて邪魔をした。ルービンの選手の走るところにボールが転がっていった。結果、ロコモティフは勝たねばならない決して強いとはいえない相手に立て続けに勝ち点を奪うことに失敗した。

大方、日曜の試合は0対0で終わったゼニトとルービンの試合と比べることが出来る。明らかに一方的な展開で勝利の寸前に引き分けゴールで終わったロコモティフのロートルとの試合も忘れることが出来ない。

このような引き分け試合はチームランキングでも停滞の様相を見せている。チャンピオンシップの競争は白熱している。ロコモティフとゼニト、CSKAは2点差内だ。ゼニトとCSKAは直接対決で25日には首位に立つ。

チームランキングの下位ではたいした変化は無い。ルービンはディナモ・モスクワとの勝ち点差を1点上回っているが、降格の危機に立っている
by norik28 | 2004-10-25 14:38 | ロシア・サッカー
by norik28 | 2004-10-21 11:31 | ロシア・サッカー
ロシア元代表のMFモストボイ選手はサウジアラビアの地方チーム「アル・ヒラル」に入団する意向を表明した<イズベスチヤから>

アル・ヒラル紹介ページ
b0017057_1682392.jpg

by norik28 | 2004-10-19 14:33 | ロシア・サッカー
ブィルキンはポルトガルに7対1で大敗した原因はポルトガルの選手の調子が良かったこと、試合時間がモスクワ時間で夜中の0時に当たっていて、体調が万全でなかったこと、また試合の流れでどうしようもないことがあると説明した。(昨年のホームチームのディナモ・モスクワが格上のCSKAにボロ勝ちしたときが、そういう流れだったという)<イズベスチヤから)

確かにACミランがユベントスにとんでもない点差で負けたことが90年代にあったように記憶している。最近ではチャンピオンズリーグでこれまたACミランがFCポルトに4対0で負けて準決勝敗退に追い込まれてしまったこともある。
ロシアもそんなもんやったとあきらめて、気を取り直して残りのワールドカップ予選の試合を戦って欲しいものだ
by norik28 | 2004-10-19 14:25 | ロシア・サッカー