人気ブログランキング |

ロシアのサッカーの最新事情を中心に紹介しています


by norik28
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ロシア代表( 58 )

Хиддинк: беспокоит форма Будянского и Кержакова
b0017057_19201423.jpg

9月8日のマケドニア戦を前にロシアのヒディンク代表監督がインタビューに答えた。

遅れが出ないか心配ではなかったですか?

-心配したよ! イグナシェヴィチが私のことを罰するのはいやだからね。

なぜ練習場が始めに予定されていたディナモではなく、ストレリツォフスタジアムになったのでしょうか?

-今のところ、代表の練習場がないので、練習場を借りるのを頼まなければいけないんだ。

代表に負傷した選手はいますか?

-私がアシスタントコーチのボロデュクとコルニェエフから聞いた情報によれば、みな元気で代表に合流したことを喜んでいるそうだ。とてもいいことだね。

マケドニア代表の最近の試合を見ましたか?

-うん。こちらにはいくつか録画したものがあるからね。敵は危険な場面を作り出す事が出来る。クロアチアとの試合で試合の最後に2ゴール目をたたき出したことを十分に頭に入れておく必要がある。だが、それ以上にすべては我々にかかっていることを我々は理解している。イングランドとの試合のことは忘れ、次の試合でミスを避け集中することが大事だ。

マケドニアとの試合では前半はどうなるでしょう?ロシアは最近の試合ではよいプレイをするようになりました。

-そうだね。ハーフタイムまではポーランドよりも強かったが、あれは親善試合だったね。

敵の中で何が最も危険な武器でしょうか?

-我慢だ。敵は試合の大部分の時間を守備にかけてくるだろう。その後で大変に危険なカウンターアタックをいくつか仕掛けてくるだろう。向こうには危険な場面を作り出す極めて頭のいい選手が1人2人いる。

去年の秋と比べてマケドニアはがらっと変わりましたか?

-我々と同じく敵も選手構成がいくらか変わった。でもそんなに多くはない。敵のことを詳細にはまだ知らない。試合の前日に調べ上げようと思う。

マケドニアとイングランドとの試合では場所を変えた方がいいと思いませんか?

-何のために? 日程はだいぶ前にはっきりしたのだから、ロシアにとってはとてもいいことだと思う。どこにも不満はないよ。

海外で活躍するブジャンスキーやケルジャコフ、サエンコなどの選手のプレイには満足していますか?

-イワンはまったく問題ない。彼は毎試合、最高の状態でプレイしている。このことはポーランドとの試合でまる90分の間、示された。ケルジャコフやブジャンスキーの状態だが、いくらかの危険性をはらんでいる。彼らは毎試合プレイしているわけではない。フィジカルの状態に疑問は持たないが、そのプレイには実戦では十分ではないだろう。今後の練習でその辺りは明らかになるだろう。

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-09-05 01:19 | ロシア代表
Аршавин: я "умер" на 60-й минуте
b0017057_12533744.jpg

-アンドレイ、後半、代表に何があったか教えてくれますか? まるで変身してしまったようですが?

これは試合だから。アニュコフが負傷してしまった後、後半我々はディフェンダー一人で試合することになってしまった。他のチームでもこのような状況を持ちこたえられるかどうかは怪しい。だから大変なことになったのは自然なことだ。

-疲れましたか? 精神力と体力はこの試合で相当奪われたんじゃないですか?

正直言うと60分で私は死んだ。交代を待っていたけど、なぜだか私に交代はなかった。

-何かあったんですか?

まあね。おそらくリーグ戦の後、十分に回復しなかったんだろう。

-仲間達も精根尽き果てたように見えます。

我々は皆後半でフィジカル的にへたってしまった。このタイミングにポーランドは新しい選手を投入して優位に立った。3点目を取られなくて良かった。負けたら気分が悪い状態でホーム(アンドレイにはペテルブルクのことを指すのだろう)に帰ることになっただろう。

-フォワードの下での位置であなたはいかにプレイしましたか?

ちょっと難しかった。けど、ある意味では前半にいくつか良い場面を作れた。今後どうなっていくか見てみよう。

-フォワード4人がピッチにいたとき、攻撃はやりやすくなりましたか?

(深いため息をついて)後半、攻撃には8人加わったという感じがした。でもね、そんなサッカーだった。

-ポーランドはそういう訳でロシアより優位に立っていたのですか?

ポーランドはいいチームだと思う。スモリャネクやジュラフスキといったスター選手もプレイしていた。でも今日、彼らは我々とほぼ同じレベルでプレイしていた。

-ヒディンクは試合後何を言っていましたか?

感謝の言葉とまた会おうと言っていた。

-全体的に結果には満足ですか?

もちろん、ノーだ。2対0で先行しながら勝利を逃した。いいプレイでサポーターを喜ばせられなかったのは悔しい。

-実際、前半はいい試合で喜ばせていました

でもね、前半だけでは勝利するには足りない。

-今日の試合でどんな結論を出しましたか?

最後のホイッスルまでは力を抜いてはいけないということが大事な結論だ。以上だ。


にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-24 02:52 | ロシア代表
Сычёв: забил головой! А вы чем футбол смотрите?
b0017057_1130141.jpg

-試合後、どのような気持ちですか?

疲れ以外何も感じない。少なくともとっても疲れた。-額の汗を拭いながらシチョフは語った。

-暑さによるものですか? それとも相手があまりにも強かったから?

試合は密集した状態だったから疲れがたまったよ。前半はほとんど最高の早さを見せた。あのような暑さでは続けるのは難しかった。だから疲れが来てしまった。それにディフェンスではちょっとした悪夢があった。実質ディフェンダーが一人だった!

ー後半の崩壊の主な原因は疲れですか?それともディフェンスを変更した結果ですか?

全部一緒にきたから。だって個別にあるなんて事はない。個別の事象が全て一緒になって結果となって出た。

-ところで4人のフォワードと試合に出たわけですが

(遮って)なぜ4人なんだ?

-サエンコは実質フォワードです

そうだけど彼はサイドハーフの役割を担っていた。だからフォワードをしていたと言うことは出来ない。攻撃には加わっていたが、それは重要じゃない。

-そういえば試合の最後にはサイドバックの位置でプレーしてました。

ほら言ったじゃないか!(笑い)

-パヴリュチェンコやポグレブニャクとのコンビはどうでしたか?

大丈夫だよ。なにか問題でも?

-ゴールはどのように決めたのですか?

ほんとのところ、ボールがあまりにも強く飛んできたから目をつぶったんだ。で目を開けたらボールはもうゴールの中にあった。

-どうやってゴールを決めたか、教えてくれませんか?

(驚いて)頭でだよ! あなたって面白い人だね。サッカーをどうやって見るのかい?

-反対側の隅で座っていたんです。スタジアムの反対側の。

まあ、いいや。とシチョフは手を振る。ここはロコモティフだから何でも見えるはずだけど!(場内爆笑)

-この試合で、マケドニアやイギリスとの試合は前よりも楽観的になりましたか?

我々は楽観的でなかったことはなかった。我々は自分の力を知っているし、楽観的な状態で試合に臨むつもりだ。試合で足りなかったところを全ての時間帯を調べてる。次の試合までに体調を整えてピークに持っていこうと思う。

-負けた場合の脅迫は深刻なものでした。負けたら悔しかったでしょうね?

負けたときはいつも悔しいよ。特に2対0で先制していた時はね。ポーランドは後半我々のミスを見逃さなかった。我々はと言うと決定機を逃した。

-それはそれとしていま、どのような感情を占めていますか? 楽観的? それとも悲観的?

ほんと楽観的だよ。後半は上手くいかなかったけど前半はほんとの力を出せた。

-つまり、今後の代表の試合では前半に見せたようなものを見られると期待してもいいですか?

気分的にも実力的にも、もちろん。

にほんブログ村 サッカーブログへ
by norik28 | 2007-08-24 00:28 | ロシア代表
ПОЛЯКИ ОБСТРЕЛЯЮТ ДЕБЮТАНТА
b0017057_19395763.jpg


ポーランドとの親善試合に代表18人が召集された。選考からシシュキン、ブィストロフ、ケルジャコフが漏れた。

GK:ヴラジーミル・ガブロフ(クバン)、アントン・シュニン(ディナモ)

DF:アレクサンドル・アニュコフ(ゼニート)、アレクセイ・ベレズツキー(CSKA)、ヴァシーリー・ベレズツキー(CSKA)、セルゲイ・イグナシェヴィチ(CSKA)、デニス・コロディン(ディナモ)

MF:ディニヤル・ビリャレトディノフ(ロコモティフ)、ロマン・ヴォロビヨフ(ヒムキ)、ユーリー・ジルコフ(CSKA)、コンスタンティン・ズィリャノフ(ゼニート)、イヴァン・サエンコ(ニュルンベルク)、イーゴリ・セムショフ(ディナモ)、ドミートリー・トルビンスキー(スパルタク・モスクワ)

FW:アンドレイ・アルシャーヴィン(ゼニート)、パーヴェル・ポグレブニャク(ゼニート)、ロマン・パヴリュチェンコ(スパルタク・モスクワ)、ドミートリー・シチョフ(ロコモティフ)
by norik28 | 2007-08-14 03:30 | ロシア代表
ХРАНИТЕЛЬ СПАРТАКОВСКОГО ОЧАГА

ニコライ・ペトロヴィチ・スタロスチン フォワード。スポーツマスター、ソ連社会主義労働英雄の称号獲得。1902年2月26日モスクワ生まれ。1996年2月17日死去。

b0017057_1143149.jpg


 1979年の8月のある日、ゴーリキー通りのニコライ・ペトローヴィチ・スタロスチンの家で私は彼に尋ねた。

—なぜ、我が国ではスパルタクが人々から一番応援されているのでしょう?

「それはだな、レオニードくん、この点についてはいくつか説がある」とスタロスチンは答えた。「私の見たところでは、決定的な役割を果たしたのはその時の状況だった。ディナモやCSKAが1923年に誕生したんだが、スパルタクは12年も遅かった。サッカーも家族のようなもので、末っ子の赤ん坊にはいつも世話して注意を向けていなければならない、そうした特別な愛情だったと思う。それに加えてスパルタクのスタイルは華麗で技術やコンビネーションに優れ攻撃的で考えを持った選手達で統率されたものだったから、スパルタクの特徴である先を読めない展開がひどく受けたのだろう。」

 1ヶ月後、キエフでの大事なリーグ戦を前にスタロスチンはいつものようにコンスタンチン・イヴァノヴィチ・ベスコフの後で発言した。

「まず、キエフがどんな試合をするか、君たちは知っている。が、キエフはスパルタクがどう動くかを知らない。第2に10年前、スパルタクはここで勝利し、優勝した。その後、スパルタクはここで勝利を上げていないし、優勝もしていない。そしてついに三度目が来た。今日、君たちは「カスカデルィ」を見ただろう。あの映画の主人公達を参考にしろ。ピッチではリスクを侵すのだ。真のスポーツマンとして振る舞え。試合では遠慮するな!」

 私はもちろん選手はみな背筋に電気が走った。スパルタクが負けられるか? もちろん、ノーだ!

「締めの言葉は新鮮で短く、表現できるものなら、叫びのようなものにしたいといつも思っているんだ」とニコライ・ペトロヴィチは帰りの電車の客室でインド茶を飲みながら私に語ってくれた。

 もっとも驚いたのは様々な世代の選手たちの意見ではスタロスチンは二度と同じことは言わなかったことだ。あるディナモ・モスクワとの試合前、ゲンナディー・ロゴフェトとシモニャンが試合の戦術や戦略を決めた後、スタロスチンに「何か付け加えることがありますか?」 と質問した。尋常ではない緊張した沈黙が訪れた。すると突然、みな不意をつかれた。スタロスチンは会話の種に使っていた新聞をつかみ上げて叫んだ。「おい、これがディナモだ!」 窓ガラスでぶんぶん飛んでいたハエを潰した。選手はみな理解した。それでこのミーティングは終了したのである。

 もちろん、スタロスチンはそのディナモとの試合への勝利、というよりはスパルタクのすべての成功に執着していた。たとえ、リーグ戦でたったの1試合であろうが、スパルタクがまったく練習できていなかったとしてもである。しかし、スパルタクという船の舵を誰に託すのを決めるのは他ならぬ彼であった。そして実際過ちはなかった。たとえば1960年、スタロスチンはソ連共産党市委員会を含めどの相手にも前日にスパイクを脱いだ(引退した)ばかりの33歳のニキータ・シモニャンを監督にすることを譲らなかった。1977年では伝統に逆らってスタロスチンは古巣のチームの権限を初めてディナモ出身のコンスタンチン・ベスコフに委ねたこともある。ニコライ・ペトロヴィチ自身がいない間にどん底に落ち込んでしまったスパルタクをベスコフの経験と物事に対する深い知識が引き上げてくれると信じていた。1989年、ベスコフの後任には35歳のオレグ・ロマンツェフが就任した。多くの権威ある専門家がスパルタクを指揮していたがっていたにもかかわらずである。

 ロマンツェフにとってはスタロスチンからの招待はうれしいサプライズであったが、この決定はチームの優勝を妨げず、むしろクラブの長老の委託が正しいことを証明した。しばらくしてソ連が崩壊すると、スパルタクの基盤を維持することに成功しただけでなく、オーナーとしての経営手腕を発揮、ロマンツェフの勧めでオノプコ、レジャノフ、ピャトニツキー、ラヒモフ、カスモフ、ツハダゼ、チェルヌィシェフ、ニキフォロフ、ツィムバラリ、ケチノフを獲得した。

 彼がいともたやすく選手達とうち解けて、ひ孫のような彼らに有益な存在であったことにいつも驚きを感じていた。選手の方はというと、タラソフカであろうと、拠点からヤロスラヴリ駅へ向かう列車の中であろうと、車の中であろうと、ストラスチンの魅力的な話を年齢に関係なく何時間でも聞いている。その中のエピソードの1つだが、スポーツマンとしての規律を生涯で一度破ってしまったことを打ち明けてくれたことがある。「知人の結婚式でビールのグラスが私に回ってきた。」 アイルランドでのある時のこと、スタロスチンが披露宴でアイリッシュコーヒーを2杯飲んだ。中に生クリームの他にウィスキーが入っているとは露も思わずに。ホテルへの帰り道、彼はロシアの歌を大声で歌っていた。翌朝、アイリッシュコーヒーがどういう中身かを知らされると、スタロスチンは叫んだ。「おい、おまえってやつは、意地悪なヤツめ! そっか。だから歌いたい気分になったんだな!」 冗談はさておき、スタロスチンがいるとチームは大船に乗った気分になるのである。

 1958年11月。ルージニキ。スパルタクとディナモ・キエフとの優勝を賭けた一戦。スコアは2対2。全連邦スポーツ委員会サッカー部長のグラナトキンは引き分けで終わると信じてスタロスチンに話しかけた。「ニコライ・ペトロヴィチ、12日に再試合をしようと思うんだが」「何てことを言うんですか、ヴァレンチン・アレクサンドロヴィチ。気分を切り替える時間を下さいよ。いくら早くても再試合は13日ですよ。「どんなことを言われようとも」グラナトキンは考えを曲げない。言葉のやりとりは口げんかの様相を帯びてきた。ちょうどその時、シモヤンが左サイドからコーナーキックを上げた。サリニコフがゴールを決め、試合終了前6分で3対2となった。「よし、今ならグラナトキン同志よ、12日に再試合にしてもいいよ」 喜びで一杯の彼はもおうスパルタクが勝った気でお祭り騒ぎだった。

 彼は最後まで自分のチームを信じていた。「いまに、我々のことが書かれるぞ!」 好んで繰り返していた言葉だが、理由がないわけではない。書かれる、というのは世界の舞台で超裕福クラブに勝つ、という意味だがスパルタクにとって年々厳しい状況になっていた。バルセロナに大敗した後、スタロスチンは、いつか国内の財閥がスパルタクを支援する日が来ることを夢見ていることを私に打ち明けた。いま、その時が来た。ただ、ひどく残念なのはスパルタクの長老にこの知らせが伝えられなかったことである。

レオニード・トラフテンベルグ「スポルト・エクスプレス」2002年2月26日
by norik28 | 2007-07-25 10:40 | ロシア代表
ロシアのユーリ・ショミン代表監督は監督辞任のうわさを否定した。今月末にロシア代表における自身の将来の立場を発表するとのこと



人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いいたします。
by norik28 | 2005-10-19 00:00 | ロシア代表

ロシア、W杯出場ならず

ワールドカップ欧州予選グループ3
10月12日
スロバキア 0-0 ロシア



人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いいたします。
by norik28 | 2005-10-13 00:00 | ロシア代表
2006年W杯ドイツ大会欧州地区予選
グループ3
9月7日
ロシア 0-0 ポルトガル
ラトビア 1-1 スロバキア



人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いいたします。
by norik28 | 2005-09-08 00:00 | ロシア代表
W杯予選グループ3
ロシア 2 - 0 リヒテンシュタイン
ゴール:ケルジャコフ(27分、65分)



人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いいたします。
by norik28 | 2005-09-04 00:00 | ロシア代表
親善試合

スロバキア 2-0 ドイツ
ゴール:カルハン(20、38/PK)



人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いいたします。
by norik28 | 2005-09-04 00:00 | ロシア代表